アマチュア無線とは

[PR] 男性に元気を。今ネットで売れている精力剤をランキング形式でまとめています!

アマチュア無線の概要


アマチュア無線は、その免許に年齢制限はなく、世代を問わずに楽しめる趣味である。 かつて無線通信技術の商業利用が始まる前の時代では、個人の研究者が興味を満たすために無線機を自作して通信を行っていたのであり、すべての通信がアマチュア無線であった。日本でのアマチュア無線の歴史は、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可された事から始まる(→歴史)。 国際法・国内法ともにアマチュア無線は「個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定義がされている(→条約・法律上の定義) アマチュア無線の運用を希望する場合は当該国の免許を受ける必要がある。日本のアマチュア無線技士は第四級〜第一級の4つに区分されている。アマチュア無線局も、他の放送局同様に、コールサインを与えられる。(→免許制度)。 アマチュア無線の代表的な通信方式には電話方式と電信方式がある。(→通信方式) アマチュア無線の楽しみ方としては、「ラグチュー」と呼ばれる雑談や、「DX」と呼ばれる遠距離通信、「コンテスト」と呼ばれる通信の競技会、「アワード」と呼ばれる条件を満たした通信を行うことで賞を得ることを目指すこと、などがある。他にも「QSLカード」と呼ばれる交信の記録となるカードを愛好家同士で交換・収集することも大きな楽しみのひとつである。(→楽しみ方) アマチュア無線は非常通信として用いられて社会貢献することもあるが、これについては賛否両論がある。(→社会貢献) アマチュア無線は電波障害を引き起こすことがある。また健康に悪影響をもたらす可能性も指摘されている。(→アマチュア無線が引き起こす問題) 電気工事、電話工事関係など、特にアマチュア無線家人口の多い職種も存在する。アマチュア無線愛好家は「ハム」と呼ばれている。(→アマチュア無線家) アマチュア無線においては、無線通信用語が特にアマチュア無線に適した形で変化したものが用いられおり、Q符号や通話表などの無線用語が定められている。(→雑学)

アマチュア無線の歴史


無線通信技術の商業利用が始まる前の時代では、グリエルモ・マルコーニに代表される個人の研究者が技術的興味を満たすために無線機器を作って無線通信を行っていた。つまり、すべての無線がアマチュア無線だったのである。商業利用が始まってからも、無線通信技術の進歩にアマチュア無線家が果たした役割は絶大であった。特に当時は全く利用価値がないと思われていた短波帯を、低電力で全世界と通信可能な周波数帯であると確認したことは、全世界の研究家たちの業績に他ならない。そのため、タイタニック号事件を契機として国際的な電波管理の枠組みが構築され、電波の国家管理が始まった後の時代においても、アマチュア無線の保護には格別の配慮が図られ、幅広い周波数帯の利用が認められた。現在でも、中波からマイクロ波までの様々な周波数帯がアマチュア無線に割り当てられている。 携帯電話に象徴されるように高度化した現代の無線通信技術においては、アマチュア無線家の果たす役割は相対的に減少しているが、しばしば争奪戦が繰り広げられるほど貴重な資源である周波数帯の利用が現代でも許されているのは、科学技術に従事する人材の育成に絶大な役割を果たしてきたためである。事実、電気・情報分野の第一線で活躍している科学者や技術者には、現役・元アマチュア無線家が多い。 日本でのアマチュア無線の歴史は、無線の実用化たる東京放送局(JOAK, NHKの前身)のラジオ放送開始に先駆けること数年、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可されたときから始まる。当時の電波は国家に管理されており、JOAKと言えども私設局に過ぎなかった。昭和に入ると国家総動員体制に組み込まれていき、各地で「無線義勇団」「国防無線隊」が結成される。しかし1941年12月8日の太平洋戦争開戦に伴い、同日、私設実験局の運用は禁止された。再開されたのは、戦後独立を回復した後の1952年のことであった。その後は、高度経済成長と、科学技術に対する国民の高い関心を背景として、日本のアマチュア無線は大いに発展し、1970年代には「趣味の王様」と呼ばれるブームとなり、1980年代にはアメリカ合衆国を抜いて世界最大のアマチュア無線人口を擁するに至った。 アメリカでは、公共サービスとして地域パレードの通信などを行うなど、趣味の範囲を超えて運用されることがある。アメリカでは開拓時代から現代までボランティアが大きな役割を果たしており、ボランティア活動にアマチュア無線が貢献してきたことから、国際法でのアマチュア無線の定義の範囲を超える運用を国内法で認めている。ちなみにアメリカのアマチュア無線家の全国団体はアメリカ無線中継連盟 (ARRL: American Radio Relay League) というが、これはボランティア活動のための通信を中継して広い国土に伝えるために、アマチュア無線家を組織化したことに由来する。 かつては外国の武力侵入があった際に、放送・商業通信が全て統制された中で、政府当局の厳しい監視をかいくぐり、スパイさながらに事件を世界中に伝えたこともあった(チェコ事件)。 近年、日本国内ではアマチュア無線家は減少傾向にある。原因として以下のような理由が挙げられる。 * 特定の相手との実用的な通信をしたい人は、資格や手続きの必要がない携帯電話やトランシーバーを利用するようになった。 * 見知らぬ相手や外国と交流したい人は、インターネットの掲示板やチャット機能を利用するようになった。 * 秋葉原を中心に日本各地に存在したアマチュア無線関連の専門店が多数閉店し、家電販売店も収益の良くないアマチュア無線部門から撤退し(あるいは開店当初から扱わず)機器を購入したり、目にする場が減ってきている。 * アマチュア無線用機器の販売数低下により、価格が上昇し、購入しにくくなっている。 * 都市化により自宅に大きなアンテナを設置できない。 * いわゆる「理科離れ」が影響している。


[PR]  おまとめ 銀行 妊娠したい 更年期障害 加齢臭 予防 セルライト除去 早漏 プラセンタ メタトレーダー



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』